本文へスキップ

享保二年1717年創業 歴史散策と海の幸を楽しめるお宿 福間館

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0852730011

ご予約はこちら

アクセスaccess

周辺地図

福間館

〒690-1501 松江市美保関町美保関586番地
TEL.0852730011


アクセス

ビル外観

電車の場合

車は高速米子ICより40分、JR境港駅から車にて20分、松江からバス50分、米子空港送迎車にて20分大阪:(送迎有り、要予約)
車以外/JR新幹線岡山駅〜JR米子駅〜境港駅下車(送迎有り 要予約)
車/中国自動車道落合JCT〜米子道を米子方面へ〜米子IC〜直進、R431を境港方面へ約1時間
水木しげるロードより20分

東京:
車以外/全日空羽田発米子便利用、米子空港より約30分
車/山陰道浜田方面より松江中央出口R431号〜松江中央出口(山陰自動車道)〜R431にて中海沿いを境水道大橋方面へ
送迎あり(条件あり)

※JR境港駅、ANA米子空港いずれも人数問わず1000円頂きます。駐車場有り(無料)
※ 車以外 / JR境港駅、米子空港より送迎有り(要予約)
※ 車 / 冬季の積雪により、米子道チェーン規制まれに有り
島根県松江市美保関町美保関586(福間館)
(tell)0852−73−0011
(fax)0852−73−0020
(e-mail)tfukuma@fukumakan.jp

車の場合

中国自動車道落合JCT〜米子道を米子方面へ〜米子IC〜IC降り直進、R431を境港方面へ約1時間


周辺ガイド

○○○公園写真

美保神社(事代主命)が祀られ、全国3000社余りのえびす社の総本社にもなっています。神社の歴史は古く、奈良時代以前にはこの地にあったとされていますが、戦国の世の戦乱ですべてを焼失。本殿は大社造りを二棟並べた「美保造り」と呼ばれる独特な構えで、国の重要文化財に指定されています。漁業、海運、商売、歌舞音曲の神様として知られるえびす様
現在の本殿は文化10年(1813)の造営で、拝殿は昭和3年に伊藤忠太の設計により建築されました。
ちなみに、美保神社に祀られると事代主神してのえびす神は、左手に鯛を抱え、右手に釣竿を携えた、今見ることのできるえびすの原形に近いとも。このえびすは海の神として漁師の信仰の対象になっており、江戸時代には、事代主神が大漁の神・エビス(えびす・夷・戎)として崇拝されてきました。
そんなことからも、オオクニヌシ(大国主命)を祀る出雲大社と対をなす意味でも、古くから「出雲大社だけでは片参り」と広く信仰されてきたのです。


島根半島の最東端・地蔵崎にあります。明治31年に初点灯された山陰最古の灯台。石造りの風格ある建物で、「世界の歴史的灯台百選」にも選定。隣接する赤い屋根の建物は、当時の灯台守の宿舎。ビュッフェとして生まれ変わった今、日本海を一望しながらの食事を楽しむことができます。
〜青石畳通り〜
江戸時代、美保関港は出船入船が一日千隻といわれた北前船の西回り航路の風待ち港として栄え、このあたりは宿屋も兼ねた廻船問屋が軒を連ねたかつての美保関の本通り。青石畳は海産物や農産物の積み下ろし作業の便を考え、海から切り出した青石を狭い通りいっぱいに敷き詰めたかつての「舗装道路」。雨に打たれた時にうっすらと浮かび上がる空色。日の加減、光の加減で青が蒼にもなり、碧にもなる豊かな表情がなんとも風情を漂わせています。
 通りの家々の軒先には今も当時の屋号が掲げられていて、当時の繁栄を伝えています。〜仏谷寺〜
もともとこの地は、「三明院」と呼ばれ後鳥羽上皇や後醍醐天皇が隠岐に配流される折の行在所。今でも港から寺に向かう道が行幸(みゆき)の路と呼ばれており、他に美保小路、月名小路の名も残るなど都の面影を偲ばせてくれますが、その後は衰退し、天正年間に再興されたのがこちらの仏谷寺です。大日堂に安置される古色の美しい薬師如来、日光・月光・虚空蔵・聖観音菩薩の5体仏像は、出雲様式と呼ばれる一木造りで、天平様式を残す貞観時代の作。山陰最古の木仏像は国指定重要文化財にも指定されています。
また寺には、浄瑠璃など芝居の題材として度々取り上げられる「八百屋お七」の恋人、小姓吉三の墓があります。伝えによると、お七の処刑後、吉三は発心して「西運」と称し江戸より巡礼の旅に出発。各地にお七の地蔵を建てながら、元文2年(1737年)に70歳で亡くなり、それを葬ったのがこの地であるといわれているのです。

〜入来舎〜
地元のおかあさん方が立ち上げた「つわぶきの会」がはじめた「入来舎」(はいらいや)。手作りのお惣菜、お菓子が楽しめ、コーヒー、お抹茶など、こ洒落て、レトロな古民家、大正、昭和はじめの写真など『一息つけるお休み処』として営業中。

こちらでは、仏谷寺の重文拝観(拝観料300円)の案内も実施しています。           

午前十時〜午後三時(水・土・日・祝日)営業美保関の詳しい情報はこちら
美保関地区観光サイト
島根県松江市美保関町美保関586(福間館)
(tell)0852−73−0011
(fax)0852−73−0020
(e-mail)tfukuma@fukumakan.jp
〜境港〜(水木しげるロード)
鬼太郎で有名な境港までは車で十分!!
水木しげるロードでは沢山の妖怪たちがあなたを待っています。

○○○祭りイメージ○○○海浜公園写真仏谷寺 阿弥陀如来様5体の重文


美保関灯台の美保の御崎の沖の御前
地の御前の遥拝の鳥居から出雲の地最初の日の出が拝めます。

店舗写真

information店舗情報

福間館

〒690-1501
松江市美保関町美保関586番地
TEL.0852730011
FAX.0852730020
→アクセス